FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ホテルジューシー」 坂木司

ホテルジューシー (角川文庫)ホテルジューシー (角川文庫)
(2010/09/25)
坂木 司

商品詳細を見る


大家族の長女に生まれた柿生浩美=ヒロちゃんは、直情で有能な働きモノ。
だがこの夏のバイト先、ホテルジューシーはいつもと相当勝手が違う。
昼夜二重人格の“オーナー代理”はじめあやしげな同僚達や、
ワケありのお客さんたちに翻弄される日々。
怒りつつもけなげに奮闘するヒロちゃんにさらなる災難が…。
注目の覆面作家がおくる、ひと夏の青春&ミステリ。


「配達あかずきん」を読み終えて”日常ミステリ”繋がりですぐ読み出した本。

日常ミステリというよりも大学生の浩美がバイト先で起こったちょっと不思議な出来事の
謎解きをする、という感じなので凄く読みやすかった。
どことなくこの本の前に読んだ「配達あかずきん」の主人公の真面目さ、頭の固さが
似てるような気もした。


ひと夏のバイトで沖縄にやってきた浩美。
石垣島のプチリゾートホテルでの浩美の仕事ぶりは
大家族の中で育ったこともあってよく間に合った。
仕事にも慣れて島に来たことを喜んでいたのも束の間、
オーナーから那覇にあるゲストハウスの方へ手伝いに行ってほしいと言われる。
オーナーがお世話になったホテルなので断ることもできなかった。

那覇のバイト先に着いてからは大変なことの連続。
石垣島のホテルとは相当勝手が違った。
まず浩美の前にバイトをしていた人は浩美が着いたとたん、辞めてしまった。
あとは、頼りになるのかならないのかわからないようなオーナー代理と
双子の老ハウスキーパーだけが職場仲間。
そこへいろいろな事情を背負ったワケありなお客さんがやってくる。

沖縄のカラッとした太陽が想像でき、
更に沖縄の普通の食べ物が凄く美味しそうに描かれている。
夜店の場面も凄く行ってみたくなった。

夏の終わりとともに浩美のバイトも終わるのだけど
いろいろなお客さんと出合ったことによって精神的成長をした浩美、
カラッとした風が通り過ぎるような一冊だった。


2010・11 読了
スポンサーサイト
[ 2011/03/11 12:23 ] さ行の作家 坂木司 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。