FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「フリーター、家を買う。」 有川浩

フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
(2009/08)
有川 浩

商品詳細を見る


「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?
崩壊しかかった家族の再生と「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、
勇気と希望の結晶。


有川さんの作品には悪い人とか物凄く嫌な人というのがあまり出てこない。

でも最初の方は本当に父親の誠一が自分中心で自分に甘くて
半分怒りながら読んでました。
もちろん息子である主人公、誠治にも・・・。
唯一、誠治の姉がビシッと言いたいことを言ってくれ
ストーリー的にも読んでる側にも救われた気がしました。

母が心の病気に罹ったのもその姉が嫁いでから・・・
家の中でも家の外でも孤立してしまった母、
やっぱり家の外でも孤立してしまうというのは
いちばん追い込まれてしまうと思う。
ただ・・その近所の人の嫌がらせもそこまでするの?
というかなり酷いもので現実的に有り得るのかな、とは思いました。

就職してからの誠治は見違えるくらいバリバリ仕事をして
少しずつ母も安心することができるのだけれど
あまりの違い(変わり様)に少しだけ違和感を感じてしまったのも確か。
母が少しずつ良くなっていくのが読んでる側にも嬉しいけど
その違和感が読後も残ってしまったのも確か。

2010・10 読了
スポンサーサイト
[ 2011/03/09 19:01 ] あ行の作家 有川浩 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/03/28 20:46 ] [ 編集 ]
鍵コメさんへ*
コメント有難うございます。
ちょっと何かしら引っかかるところはありましたよね。

ドラマと原作はストーリー的に違いもあったから
別物のような気もしました。
鍵コメさんが言われるように誠治の思いが伝わってきたのは
ドラマの方だったかな・・と私も思います。
演技もやっぱり上手だから・・・(笑)
ドラマ、私ももう一度観たいと思ってます。

またこちらにも遊びに来てお勧め本、是非教えてくださいね。
[ 2011/03/29 18:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。