FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「小暮写真館」 宮部みゆき

小暮写眞館 (100周年書き下ろし)小暮写眞館 (100周年書き下ろし)
(2010/05/14)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


もう会えないなんて言うなよ。
あなたは思い出す。
どれだけ小説を求めていたか。
ようこそ、小暮写眞館へ。
3年ぶり現代エンターテインメント



図書館で借りたかなり分厚い本。

読み始めてすぐ ”これは期限内に読めるのだろうか?” 
と不安になるくらいのペースだったけど
途中からはぐいぐい引き込まれるように読み進めていきました。

花菱一家はさびれた商店街にある、もと写真館をマイホームとして購入。
多少のリフォームはしたものの
”小暮写真館”という看板とショーケースはそのまま残し住み始めた。

長男の英一は高校1年生、歳の離れた小学生の弟、光(通称ピカ)がいる。
両親は英一が友人から”花ちゃん”と呼ばれているので
同じように英一のことを”花ちゃん”と呼ぶ少し風変わりなところがある。

看板がそのままになっているので写真館だと思い込んだ女子高生が
1枚の写真を小暮写真館ぃゃ花菱家に持ち込んで来た。
ひとめ見ておかしな写真だと思う。
いわゆる心霊写真。
その心霊写真に写り込んでる人物は・・・?
英一はこの不思議な写真の手掛かりになるようなことを捜し始め、
友達と謎を解明していく。
そのことがキッカケとなり更に持ち込まれる不思議な写真。
不思議な写真を通してわかるそれぞれの人の哀しみ・・・。
そして写り込むのは写真に・・だけじゃなく
花菱家の家の中にも元写真館の主で
亡くなったはずの小暮さんの気配を感じるようになる。

弟のピカは小暮さんの気配だけじゃなく真剣に小暮さんに会いたいと願う。
それは、ピカがまだ2歳の時(もちろん覚えていない)に亡くなった姉の風子に会いたい
という理由から・・・・。
両親もどこか可笑しく明るい花菱家だが
英一とピカの間にいた風子という女の子を病気で亡くしていた。

深く悲しいこともあるけど悲しみだけではなく
その悲しみから人と人の繋がりができ、優しくなれる・・・。
この本を読みながら思いました。

*

登場人物が皆、魅力的。
英一は高校生にしてはちょっと出来すぎ君のところもあるけど(笑)
花菱家のマイホーム購入の時に関わった不動産屋の主人、
英一の高校の同級生、
一番仲のいいテンコ、テンコの家族、鉄道研究会のメンバー。

登場人物が魅力的で悪い人がでてこないというのは良かった。
じんわり、じんわりくる作品でした。

2010・9 読了
スポンサーサイト
[ 2011/02/28 22:33 ] ま行の作家 宮部みゆき | TB(1) | CM(2)
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
[ 2011/04/12 18:51 ] [ 編集 ]
藍色さん*
藍色さん、初めまして。
コメント残していただいてありがとうございました。
是非トラックバックさせてください。
有難うございます。
これからもよろしくお願いしますね。
[ 2011/04/13 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

「小暮写眞館」宮部みゆき
物語のすべてが詰まった700ページの宝箱。もう会えないなんて言うなよ。あなたは思い出す。どれだけ小説を求めていたか。ようこそ。3年ぶり現代エンターテインメント。 700ページありとても長い作品...
[2011/04/12 18:01] 粋な提案

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。