FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DVD「プール」

プール [DVD]プール [DVD]
(2010/04/09)
小林聡美、加瀬亮 他

商品詳細を見る


理由なんて、愛ひとつで十分だ。
タイのチェンマイ。
小さなプールのまわりに集まる5人の6日間の物語。


小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、、、
名前を見て「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子監督の作品かと思ったら
大森美香監督の作品でした。


風のようにさらさらっと入ってきてさらさらっと通り抜けていくような感じの映画でした。
タイの街が舞台のこの映画。
風景とか色合いがとてもきれいでした。

最後のシーンで車が道を走る両側を歩いている僧侶と景色が
なんともいえない印象的なシーンでした。


タイのゲストハウスで働く京子(小林聡美)のもとへ
卒業を控えた娘のさよがやってきます。

何年ぶりかで再開した母は日本人の菊子(もたいまさこ)がオーナーの
ゲストハウスで働き現地の子どもビーと一緒に生活をし
市尾クン(加瀬亮)も近くに住んでいた。

そんなタイでの母の生活ぶりを見たさよは複雑な思いに駆られ
心を閉ざしてしまう・・・・。
そんなさよの気持を少しずつほぐしてくれるのはタイの風景だったり
ゲストハウスの中にあるプールだったり
人と人が交じり合う気持ちだったり・・・・

母の気持がきっと全部納得できたわけではないだろうけど
日本へ帰るときのさよはきっと訪れた時からすこしだけ大人に近付いたと思う。

*

最初に書いたようにタイの景色とか映画の色合いとかはすごく好きです。
小林聡美さんもいつになく大人な感じで凄く綺麗でした。
加瀬亮さんの役どころも自然ですんなり溶け込んでいて良かった。
(ちょっと短めの丈のパンツとサンダル姿が凄く好き)
でも・・・どうもこのキョウコの生き方に私は共感はできない。
自分の母に子どもを預けてまでも自分の気持に正直に生きる・・・・。
こういう生き方も人それぞれだからあるんだと思う。
でもやっぱり自分は共感も納得もできない。
だから少しだけ・・・・気持ちが消化しきれないまま終わってしまった。

ただ・・・小林聡美さんがギターを弾きながら歌った曲は凄く良かった。

スポンサーサイト
[ 2011/02/28 22:28 ] 映画・DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。