FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「結婚小説」 中島たい子

結婚小説結婚小説
(2009/12/04)
中島 たい子

商品詳細を見る


「結婚小説」を書くためにリサーチを始めた貴世。まずは取材と蕎麦打ち合コンへ。
が、急性蕎麦アレルギーで途中退場。出会った男は取材参加の映像作家・福原だった。
彼のDVDを観たことが貴世にもたらしたものとは…。
指をくわえて人の結婚を見てきて二十年―。北極星ぐらい遠くにあった結婚が現実に!?
女子の本音と事情に分け入る恋愛小説。


39歳の独身の作家、本田貴世は担当編集者から”結婚小説”の執筆を依頼をされる。
しかし結婚については考えても書けない。
そんな時、貴世の友人で独身の時は外資系のコンサルティング会社で働き
その後は経験を生かし起業、そして駆け足結婚をした英子から呼び出され、
蕎麦合コンの話を持ちかけられる。

蕎麦合コンは人数合わせの”サクラ”でいいから参加してほしい・・・と言われ、
取材と称して出向くことにした貴世。
そこで同じような目的で参加していた男性、福原と知り合う。

福原はドキュメンタリー映像作家で
その後お互いが同じような目的で合コンに参加したことがわかり
彼の作ったDVDを見せてもらうことになった。
そのDVDを観た貴世はだんだん福原に惹かれていく。
その後のふたりの関係は一気に深まっていき結婚という話になる。

そして・・・ハッピーエンド

・・・というストーリーならあまりにもお粗末すぎる。
そこからが意外な展開になっていき、本音を交ぜつつ
そういう考えもあるな・・と。

ただ・・・ぃゃ・・・きっと貴世が最後に思ったことは
少なからず、誰もが・・とまでは言わないけれど
結婚前に考えたことがあると思う。
でもそれを思いつつみんな結婚していくのだと思う。
決して”結婚”がゴールではない・・・という終わり方がとても清清しかった。



結婚して20ン数年の私が「結婚小説」というタイトルの本を読むのも・・・ (笑)
と思いましたが、著者の中島たい子さんの本はもともと好きなので読んでみました。
読みやすくて一気に読み終わりました。
この方のいろいろなものの見方がちょっと違う・・というか、視点がとても面白いな
といつも思います。

スポンサーサイト
[ 2011/02/17 18:21 ] な行の作家 中島たい子 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
[2012/11/06 11:57]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。