FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「静子の日常」 井上荒野

静子の日常静子の日常
(2009/07)
井上 荒野

商品詳細を見る


何かが過剰で、何かが足りないこの世の中今日も出くわす“ばかげた”事象を
宇陀川静子・七十五歳は見過ごさない―チャーミングで痛快!直木賞作家の最新長篇小説。



主人公の宇陀川静子は75歳。
夫は亡くなり今は息子夫婦、高1の孫娘るかと一緒に住んでいる。
フィットネスクラブに通い悠々自適な生活を送っている。
嫁・姑の仲もまずまず
細かいことには口を挟まない、そんな静子の日常を描いた話。





悠々自適で細かいことには口を挟まない静子だが
家族のことを見ていないわけではない。
むしろ誰よりも気付くのに敏感なのは静子かもしれない。
でも気付いても何か言うでもなくそのまま知らん顔するわけでもない。
静子流のやり方で家族の誰かに気付かせる。
それは通ってるフィットネスクラブでも同じである。

とてもチャーミングな生き方の静子だけど
亡き夫との思い出はちょっと辛くてほろりとくる。
そして75歳の今の静子にとってのある人との別れ、
これもとても潔くて素適。

 静子は_それも、信条のひとつとして_後悔はしなかった。
 でも、後悔しない人生は、正しい人生というわけではないわね、と考えた。

 昔と変わらないわ、と静子はまた思った。人は成長するし、いやおうなく変わっていく。



読み終わった後は凄く幸せな気持ちになった。
心の中で静子に小さな拍手を送りたいと思った。
チャーミングでポジティブな静子のように生きたいと思う。
でも潔さももってないし賢さもない。
それでもあと何十年も生きていくうえでこういう女性になれるよう心がけたい。
いぃゃ・・・何十年も生きられるかどうかもわからないけど・・・(苦笑)

本の表紙、装丁もどことなく可愛らしくて好きです。


2009・9 読了
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。