FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「神去なあなあ日常」 三浦しをん

神去なあなあ日常神去なあなあ日常
(2009/05/15)
三浦 しをん

商品詳細を見る


美人の産地・神去村でチェーンソー片手に山仕事。先輩の鉄拳、ダニやヒルの襲来。
しかも村には秘密があって…!?林業っておもしれ~!
高校卒業と同時に平野勇気が放り込まれたのは三重県の山奥にある神去村。
林業に従事し、自然を相手に生きてきた人々に出会う。


横浜の高校を卒業した平野勇気は卒業後の進路も何とは決めず
適当にフリーターで食べていこう・・・と気軽に考えていた。
ところが卒業式が終わった後、担任の先生から
「就職先を決めてきてやった」と思いもよらない言葉・・・


そのまま先生に引きずられ家に戻ると
母は身のまわりのものは神去村に送っておいたとか
父からは餞別と書いた3万円入りの封筒を渡される。
そのまま強引に新横浜の駅に連れて行かれ新幹線に乗せられる。
そして・・・着いた先は・・・
三重県の山奥の神去村。
そこで勇気は林業の仕事をすることになった。
なんでも・・林業に就業することを前提に、国が助成金を出している
「緑の雇用」制度に勝手に応募されていたのだった。

若者が少ない山村では、やっと林業の後継者志望が現れたと、
研修生を受け入れて熱心に指導してくれる。逃げられない。
助成金三百万と、村人の喜びと熱意をまえにして、
「やっぱりやめます」とは人情として言いにくい。
そして勇気の林業の仕事と神去村での生活の一年を綴った話が始まる。

ちなみに”なあなあ”というのは
「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」ってニュアンスだそう。
おっとりした神去村住人はいろいろな意味をこのひと言で済ませるそうだ。


都会から山奥へ来た・・いろいろなカルチャーショックを受けながらも
勇気は自然の素晴らしさを目の当たりにして引き込まれていく。
勇気のまわりにいる山仕事ベテランの人々の個性豊かなキャラも面白い。
お世話になってる家の長老の繁ばあちゃん、
勇気と繁ばあちゃんの夏祭りの時のやりとりがなんともあったくてほろっとくる。
もちろん忘れてならない勇気の恋心も切ない。

そんな日常の出来事に加え山の神秘さ、怖さを
”神隠し” ”火事” ”48年に一度の祭り”で描かれている。
これは迫力もあり読み応えがあった。

この本の読後感はとにかく気持ちが良くて爽やか。
勇気の仕事っぷり、言葉が爽やか。
読んでいて楽しい一冊だった。

2009・9 読了

スポンサーサイト
[ 2011/02/13 00:31 ] ま行の作家 三浦しをん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。