FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「れんげ荘」 群ようこ

れんげ荘れんげ荘
(2009/04)
群 ようこ

商品詳細を見る


キョウコはおべんちゃらとお愛想と夜更かしの日々から解放されるため、
有名広告代理店を早期退職!
都内のふるい安アパート「れんげ荘」に引っ越しし、月10万円で暮らす貯金生活者となったが…。
ささやかな幸せを求める女性を描く、待望の書き下ろし小説。


するするっーと読めた一冊でした。

誰もが知ってる有名な広告代理店で働くキョウコ。
ブランドもののスーツを着てお洒落で美味しいお店で食事。
雑誌に掲載されるような有名なお店も行き尽くした・・・・

ただ、
接待という名での食事なので味も何も覚えていない。
家に帰れば近所の噂話と見栄ばかりの母親の話にうんざり・・・
そんな毎日から開放されるため会社も辞め一人暮らしを始める。
母親には会社を辞めたことも告げず。

ひと月3万円の家賃の古アパート”れんげ荘”に暮らすことになったキョウコ。
今までの貯金を使って月10万でやっていけばこの先もどうにかなると考えた。
しかし、いざ何もしなくてもいい毎日が始まると
会社に行ってた頃の感覚がなかなか消えなかったり
古アパートゆえの暮らしていく中での自然との闘い(笑)
それでも少しずつアパートの隣人とのお付き合い、季節感などで
ささやかな楽しみを見つけていく。


キョウコと同じような年齢(ちょっと上だけど:苦笑)で立場は全然違うけど
なんとなく気持ちがわかるような気がした。
キョウコが散歩の途中で一冊の古本を見つける。

  森 茉莉 「贅沢貧乏」

私も20代前半の頃読んだ。
結構ガツンときてずっと残ってる一冊。
気持ちはこうでありたいな・・・と

私自身も年齢を重ねて物欲が少しだけ減ったような気がする(苦笑)
まだまだ修行が足りないけど、何にせよ軽くなりたいとは思ってます。
気持ちの中は常に重いものを背負っているけど(これは仕方のないこと)
気持ち以外のもは軽~く 軽~く いきたい。

最後の方の場面で・・・
お正月に実家に帰るところがあります。

キョウコが一人暮らしを始めて一度だけ母がアパートに訪ねて来ますが
アパートを見るなり怪訝な顔をされ散々文句を言われ挙句の果てに
「近所の人には長期出張と言っておく」と言われ何も理解をしようとしない母でした。
もちろん、実家に帰ってもいい顔はされず同居の兄夫婦の前でも文句を言う。
母が用事あがると出かけた後に実家を出るキョウコ。
駅までの道で道路を挟んですれ違う母とキョウコ・・・・

いつかは解かりあえる時がくるのだろうか・・・・。

2009・6 読了

スポンサーサイト
[ 2011/02/09 00:22 ] ま行の作家 群ようこ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。