FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「チルドレン」 伊坂幸太郎

チルドレンチルドレン
(2004/05/21)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


こういう奇跡もあるんじゃないか?
まっとうさの「力」は、まだ有効かもしれない。
信じること、優しいこと、怒ること。それが報いられた瞬間の輝き。
ばかばかしくて恰好よい、ファニーな「五つの奇跡」の物語。
短編集のふりをした長編小説です。帯のどこかに“短編集”とあっても信じないでください。



凄く面白かった。
伊坂さんご本人も言われているように短編集のふりをした長編集。
物語のどの話にも突拍子もない言動で「あっ!」と思わせる陣内さんと
彼をめぐる人物が登場。

最初の話からしてちょっと思いつかないような設定と展開が面白い。
日常的な物語のようであり全然日常的じゃない話。

陣内さんはちょっと変わっていて
みんなを驚かせる行動、言動をとるくせに
そのひと言ひと言には結構深いものを感じることができる。
陣内さんももちろん魅力ある人物なんだけど
彼をとりまく人達も凄く魅力的。

テンポも良く、”あーそうか”なんて笑いながら読める1冊でした。

2009・4 読了
スポンサーサイト
[ 2011/02/08 18:42 ] あ行の作家 伊坂幸太郎 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

「チルドレン」伊坂 幸太郎
またまた伊坂幸太郎さん、「チルドレン」。伊坂幸太郎さんの作品すべてに共通するのですが登場人物の個性が良い。時間の流れとともに登場人物の変わる部分と変わらない部分がうまく描かれており、一気読みしてしまうようなテンポの良さが素晴らしいです。 「チルドレン」?...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。