FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

「僕らのごはんは明日で待ってる」 瀬尾まいこ

僕らのご飯は明日で待ってる僕らのご飯は明日で待ってる
(2012/04/25)
瀬尾まいこ

商品詳細を見る


体育祭の競技“米袋ジャンプ”をきっかけに付き合うことになった葉山と上村。
大学に行っても淡々とした関係の二人だが、一つだけ信じられることがあった。
それは、互いが互いを必要としていること。でも人生は、いつも思わぬ方向に進んでいき…。
読んだあと、必ず笑顔になれる、著者の魅力がぎゅっと詰まった優しい恋の物語。


題名を読んで”んっ?”と思ったものの
なんとも瀬尾さんらしくていいなと思い読み始めました。
中学の時に兄が亡くなり、それ以後友人との付き合いをすることなく
ずっとひとりでたそがれていた葉山亮太。
高校3年の体育祭の前に上村小春から一緒に”米袋ジャンプ”の競技に出ることを告げられる。
その”米袋ジャンプ”がきっかけになり二人は付き合うことになった。

競技に出ることも付き合うことも上村の押しの強さで始まったのだけど
人との距離をつかめないでいる亮太に
何事もポンポンとはっきり言う上村のひと言ひと言が
今まで抱え込んできた亮太の気持ちを少しづつ和らげていった。

高校を卒業し二人は大学に入学。
亮太は大学に入学後は友達も出来てバイト、デートと充実した日を送る。
しかし小春のひと言で亮太は自分探しの旅に出る。
その後思いもよらない小春からの別れ話で二人は別れてしまう。

出会い、別れ、再会を経て大人になっていく二人に
さらに神様は試練を与える。
でも・・・お互いにお互いを思いやり、その二人の気持ちで乗り越えていく。
きっと・・ぃゃ・・・ずっと二人の会話はポンポンと続く。


瀬尾さんらしいストーリー。
結構ズバズバはっきり言っているのに全然そんなふうに聞こえない二人の会話。
心の痛みを知ってる二人の間には思いやりが自然に備わっているからだろうと思う。
温かな気持ちに包まれた一冊。



  「会いたい人とか一緒にいて楽しい人って何人かいるけど、
  でも、いろんなことを平気にしてくれるはイエスだけだって。
  イエスがいたから点滴なんて朝飯前になったし、
  あんな恐ろしいと思ってた手術も余裕だった。
  なんでも大丈夫にしてくれるのはイエスだけだよ。
  そう思ったら十分一緒にいる意味がある。」
スポンサーサイト
[ 2012/09/23 17:00 ] さ行の作家 瀬尾まいこ | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
[2012/10/23 09:09]