FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「てふてふ荘へようこそ」 乾ルカ

てふてふ荘へようこそてふてふ荘へようこそ
(2011/05/31)
乾 ルカ

商品詳細を見る


ある街の高台に佇むおんぼろアパート「てふてふ荘」。
敷金礼金なし、家賃はわずか月一万三千円、最初の一ヶ月は家賃をいただきません。
この破格の条件の裏には、ある秘密があって……。


破格アパート「てふてふ荘」。
6号室まであるアパートは、見た目はおんぼろだけど
室内のどこもが清潔で掃除もゆきとどいている。
入居の契約の際は写真を見せられて自分の部屋を決めることができる。
その理由は・・・?
破格の家賃、写真で選ぶ、
もちろんそれらにはちゃんと秘密と理由があった。


6人の住人の6号室までの話からなる連作小説です。
それぞれの住人はどこか生きている悩みを抱えている。
なんとか前に進もうと思っても進めなかったりする。
ただ・・・部屋の中はひとりぼっちではなかった。
住人、その住人に関わる人がいた。
そしてその関わる人によって新たな道へ進むことができるようになる。

その関わりはとても温かく、少しだけ切なくもあり、哀しくもあるのです。

とにかく設定が面白く、ストレートな中に変化球もあって
最後まで楽しかったです。

ただ最後は少しだけ哀しかった。
でも読後感は清清しかった。


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。