FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

空の不思議

昨日は水平の不思議な虹を見ました。

5311

環水平アークというそうです。
そして同時に太陽の暈もみえました。

5313

5312


地震の予兆といわれることもあるそうですが
最初に見え始めた時はもう少し色も薄く周りの雲と虹が
空をキャンバスに色鉛筆で描いた絵のようできれいでした。


<環水平アーク>
環水平アーク(かんすいへいアーク、circumhorizon arc, circumhorizontal arc)とは、
大気中の氷粒に、太陽光が屈折し、ほぼ水平な虹が見える光学現象である。
虹などと同じ大気光象の一種で、水平弧、水平環 とも呼ばれる。
日本国内では年に数十回観測される。

上空の氷の結晶の方向がほぼそろったときに、この結晶で屈折した太陽光により見える現象で、
一般の虹が太陽とは反対の方向に見えるのに対し、
環水平アークは太陽と同じ方向に、ほぼ水平に現れる。
ただし、低空に雲があると見えない。


スポンサーサイト
[ 2011/06/01 23:15 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。