FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「本日は大安なり」 辻村深月

本日は大安なり本日は大安なり
(2011/02/26)
辻村 深月

商品詳細を見る


企みを胸に秘めた美人双子新婦、プランナーを困らせるクレーマー夫妻、
新婦に重大な事実を告げられないまま、結婚式当日を迎えた新郎……。
人気結婚式場のとある大安の一日を舞台に人生の悲喜こもごもをすくい取る。


11月22日 日曜日、大安吉日。
舞台となるのは人気結婚式場のホテル・アールマティ。
この日(11月22日は因みに”いい夫婦”の日)は4組の結婚式が執り行われます。
その新婦、新郎、新婦の身内、そしてウエディングプランナーのひとりの女性が
物語の軸となって当日の時間の経過とともに式を迎えるまでの気持ちが描かれてます。

双子ゆえに幼い頃からお互いを意識してきた姉妹。
だからこそ、この大切な結婚式にまで”ある想い”を抱え式に臨む。
愛情、嫉妬、思春期の頃のそれぞれ二人の気持ちが少し切ない。

最初の式の打ち合わせから何かと問題ありのカップルを担当するプランナー、
特に新婦となる女性には振り回され続ける。
そしてその新婦に見覚えのあるプランナー、
それは忘れられない過去を思い出させる女性でもあった。
しかし式の当日に思いもよらないことが起こる。

大好きな叔母が結婚する・・・。
お母さんの妹のりえちゃんが大好きな小学生の男の子は、
大人の会話、行動を日頃から聞いたり見たりしてる。
そしてある日、偶然りえちゃんの相手の男性の秘密を知ってしまう。
式当日までひとりで不安を抱え、泣きたい気持ちいっぱいで式に臨む。
式が無事に終わり披露宴が始まろうとしている時、救世主が男の子の前に現われた。

この日最後のイブニングウエディングを行う予定の新郎は夕方の式にも関わらず
朝早くからこの式場に来ていた。
目的は自分の式が執り止めになるようにある企みを持って・・・。
本当は結婚式など行うことができない秘密を持っていた。

4組のカップルがそれぞれ予定の時間に
結婚式を執り行っている最中だったり・・
時間を迎えようとしている時だったり・・
そんな時にある事件が式場でおきた。
その事件が4組に思わぬ展開をもたらす。


人気の結婚式場の一日が時間を追ってそれぞれの人物像と照らしあわされ
凄く面白かったです。
双子の姉妹の新郎となる人がとても個人的には好きでした。

スポンサーサイト
[ 2011/05/22 19:29 ] た行の作家 辻村深月 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。