FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DVD「ペネロピ」

ペネロピ [DVD]ペネロピ [DVD]
(2008/09/17)
クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ 他

商品詳細を見る


しあわせを、つかむんだ
豚の鼻を持って生まれたペネロピ。
ありのままの自分を好きになった時、運命は変わる。
『ペネロピ』

コンプレックスをポジティブなものに変えてくれるチャーミングなラブストーリーとして
若い女性を中心に多くの共感を集めた、クリスティーナ・リッチ主演作。
カラフルでロマンティック、ちょっとファニーでポジティブなファンタジー!



ずっと私の”観たいものリスト”に入っていた作品、
やっと観ることができました。

先祖の呪いで豚の鼻を持って生まれたペネロピ。
両親は嘆き、悲しみ、ペネロピを屋敷から出すことなく
屋敷の中で何不自由ない暮らしをしていた。
ペネロピの呪いをとくのは同じ良家の男性と”永遠の愛を誓う”こと。

両親はペネロピの姿を見せることなく鏡越しでのお見合いをさせ
相手を捜していた。
たいていのお見合い相手は最後にペネロピの姿を見て逃げていく
その連続だった。
そんな時、ペネロピの前にひとりの男性が現れた。
鏡越しとはいえ自然に会話も弾みペネロピはだんだん惹かれていく。

そしてその出会いをキッカケにペネロピは屋敷を飛び出し
ひとりで生活をすることにした。

ペネロピの呪いをとくものは
決して”良家の男性と永遠の愛を誓う”ことではなかった。

主演のクリスティーナ・リッチがキュートで可愛かった。
クリスティーナ・リッチといえばあの「アダムスファミリー」のおさげの女の子。
「アダムスファミリー」が好きで何度も観ていた私なんだけど
ジョニーデップと共演した作品「スリーピーホロウ」で
凄く綺麗になっていたので驚いたことを覚えてます。
今回はチャーミングな女性を演じてました。
ペネロピが心惹かれた男性役のジェームズ・マカヴォイも素敵。
映画全体の色合いもカラフルで独特、「パコと魔法の絵本」のような色合い。
ペネロピの着ている洋服とか部屋のインテリアとかも好きでした。

最後の場面でひとりの男の子が
 呪いを作るのは僕たちの心だ
と言ったセリフがでてくるんだけどそのセリフがずっと残ってます。

観終わった後 Happy と言いたくなるような・・
そんな作品でした。
観ることができて良かった。
フアンタジー、ラブロマンスの王道と言われるかもしれないけど
私は凄く好きな作品でした。

スポンサーサイト
[ 2011/03/25 12:07 ] 映画・DVD | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。