FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

「死神の精度」 伊坂幸太郎

死神の精度死神の精度
(2005/06/28)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


CDショップに入りびたり、苗字が町や市の名前であり、受け答えが微妙にずれていて、
素手で他人に触ろうとしない―そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。
一週間の調査ののち、対象者の死に可否の判断をくだし、翌八日目に死は実行される。
クールでどこか奇妙な死神・千葉が出会う六つの人生。



久し振りに伊坂さんの本を読みました。
”人の死”がでてくる話なので今までどこか避けていたのかもしれません。
しかしそこは伊坂さん、夢中で最後まで一気に読んでしまいました。

Read More

スポンサーサイト
[ 2012/08/20 22:47 ] あ行の作家 伊坂幸太郎 | TB(1) | CM(0)

「仙台ぐらし」 伊坂幸太郎

senndai仙台ぐらし

初めて読んだ伊坂さんのエッセイ。
肩の力が少し抜けた感じの文章がとても良かったです。

小説とは違って意外に心配性だったり
奥さまとの会話が凄く良くて
素敵な奥さまなんだろうな・・・と思ったり・・・。

ただ震災前と震災後の文章を読むと、
やはり何かが変わって何かが違ってしまったことを
改めて考えさせられます。

そして「震災のこと」の最後に書かれていた

  僕は、楽しい話を書きたい。

この一文に込められた想いを
これからも読みながら感じたいと思いました。



  「はじめからやり直し」などではない。同じことを繰り返しながらも、
   僕たちは前に進んでいく。そのはずだ。
                      「震災のこと」
[ 2012/05/09 14:04 ] あ行の作家 伊坂幸太郎 | TB(1) | CM(2)

「フィッシュストーリー」 伊坂幸太郎

フィッシュストーリーフィッシュストーリー
(2007/01/30)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


「なあ、この曲はちゃんと誰かに届いてるのかよ?」
売れないロックバンドが最後のレコーディングで叫んだ声が時空を越えて奇蹟を起こす。
デビュー第一短編から最新書き下ろし(150枚!)まで、
小気味よい会話と伏線の妙が冴える伊坂ワールドの饗宴。


4編の短編からなる一冊です。
伊坂さんの作品は登場人物がみな魅力的で脇役的な人物も目が離せません。
今回の作品にはそんな以前登場した人物が”あれっ?”という場面ででてきます。

Read More

[ 2011/02/11 17:53 ] あ行の作家 伊坂幸太郎 | TB(0) | CM(0)

「砂漠」 伊坂幸太郎

砂漠砂漠
(2005/12/10)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る



「大学の一年間なんてあっという間だ」入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。
学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、
不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく。
パワーみなぎる、誰も知らない青春小説。


これもまた面白かった。
早く最後まで読みたい・・・と思いながらも読み終わってしまうのが寂しい。
そんな思いで読み進めた一冊でした。

Read More

[ 2011/02/09 19:06 ] あ行の作家 伊坂幸太郎 | TB(0) | CM(0)

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。
同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。
折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲した。
どうやら、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられているようだ。
この巨大な陰謀から、果たして逃げ切ることはできるのか? 

面白かったです。
読んでる途中、やらなければいけないことも放棄して一気に読みたかった
・・それでも読みながら前のページに戻ったりして
いろいろな細かい伏線を逃さないように読みました。


Read More

[ 2011/02/09 00:04 ] あ行の作家 伊坂幸太郎 | TB(0) | CM(0)