FC2ブログ

本の手帖

読んだ本・好きな本を書き集めた手帖です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「WILL」 本多孝好

WILLWILL
(2009/10/05)
本多 孝好

商品詳細を見る


18歳のときに両親を事故で亡くし、家業の葬儀屋を継いだ森野。29歳になった現在も、
古株の竹井と新人の桑田、2人の従業員とともに、寂れた商店街の片隅で店を経営する。
アメリカに住む幼馴染の神田とは、時折電話で話をする
かつて甘美な関係を築いた彼との今後については、彼女自身が結論を先送りにしたままだ。
日々淡々と、社長としての務めを果たす森野のもとに、仕事で関わった「死者」を媒介にした、
数々の不思議な話が持ち込まれてくる――。



高校卒業前に事故で両親を亡くした森野。
喪主とも言えず、訳のわからないまま両親の葬儀を執り行い、
そのまま家業の葬儀屋を経営する。

Read More

スポンサーサイト
[ 2011/11/21 10:16 ] は行の作家 本多孝好 | TB(0) | CM(0)

「MOMENT」 本多孝好

MOMENTMOMENT
(2002/08/26)
本多 孝好

商品詳細を見る


死ぬ前にひとつ願いが叶うとしたら…。病院でバイトをする大学生の「僕」。
ある末期患者の願いを叶えた事から、彼の元には患者たちの最後の願いが寄せられるようになる。
恋心、家族への愛、死に対する恐怖、そして癒えることのない深い悲しみ。
願いに込められた命の真実に彼の心は揺れ動く。ひとは人生の終わりに誰を想い、何を願うのか。
そこにある小さいけれど確かな希望―。静かに胸を打つ物語。



主人公の神田は病院の清掃員の仕事をしている大学四年生。
その病院では死を目前にした患者の願い事を叶えてくれる必殺仕事人がいる・・
という噂があった。

Read More

[ 2011/11/20 17:40 ] は行の作家 本多孝好 | TB(0) | CM(0)

「九つの、物語」 橋本紡

九つの、物語 (集英社文庫)九つの、物語 (集英社文庫)
(2011/02/18)
橋本 紡

商品詳細を見る


大切な人を、自分の心を取り戻す再生の物語
大学生のゆきなのもとに突然現われた、もういるはずのない兄。
奇妙で心地よい二人の生活は、しかし永遠には続かなかった。
母からの手紙が失われた記憶を蘇らせ、ゆきなの心は壊れていく…。


大学生の藤村ゆきなは本好きの兄の部屋で本を読んでいた。
そこへ突然、長い間会っていなかった兄が入ってきた。
おかしいと思いながらも兄は料理を作ってくれ、一緒に食べる。

Read More

[ 2011/08/28 18:44 ] は行の作家 橋本紡 | TB(0) | CM(0)

「彩乃ちゃんのお告げ」 橋本紡

彩乃ちゃんのお告げ (講談社文庫)彩乃ちゃんのお告げ (講談社文庫)
(2011/03/15)
橋本 紡

商品詳細を見る


なぜか“教主さま”だという女の子を預かることになった。
彩乃ちゃんといって、一見ごく普通の、小学五年生の女の子だ―。
花屋に勤める二十代の智佳子、進路に悩む高校三年生の徹平、東京から地方に越してきた小学五年生の佳奈が、
彩乃ちゃんとの出会いで知った人生の奇跡。前に進むすべてのひとに捧げる物語。


教主さまという小学五年生の彩乃ちゃんと関わった人達の話。
物語は第一話から第三話まで、それぞれが別の人物によって語られ、
その軸となるのが彩乃ちゃん。

Read More

[ 2011/04/07 17:36 ] は行の作家 橋本紡 | TB(0) | CM(0)

「船に乗れ!合奏と協奏」 藤谷治

船に乗れ!〈1〉合奏と協奏船に乗れ!〈1〉合奏と協奏
(2008/10/01)
藤谷 治

商品詳細を見る


音楽一家に生まれた僕・津島サトルは、チェロを学び芸高を受験したものの、あえなく失敗
不本意ながらも新生学園大学附属高校音楽科に進むが、
そこで、フルート専攻の伊藤慧と友情を育み、ヴァイオリン専攻の南枝里子に恋をする。
夏休みのオーケストラ合宿、市民オケのエキストラとしての初舞台、
南とピアノの北島先生とのトリオ結成、文化祭、オーケストラ発表会と、
一年は慌しく過ぎていく。
書き下ろし、純度100パーセント超の青春2音楽小説。


主人公が昔を回想するような形で書かれてますが
子どもの頃の話は本当に鼻持ちならないお坊ちゃん。
中学で哲学書を読み、自分は音楽を心の底から理解してるだけじゃなく、
文学や哲学を通じてヨーロッパの精神を我がものにしている、
”高貴な人間”と思っていた。
しかしそんな思い込みの激しかった主人公サトルは芸高受験に失敗。
新生学園付属高校の音楽科に進む。
実はこの学校の音楽科の創設者はサトルの祖父であった。
そしてここからの展開が面白くなってきた。

Read More


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。